テクノストラクチャーの家の上棟の様子は?実際に差し入れ・お礼として渡したものを紹介

テクノストラクチャーの家の上棟の様子は?実際に差し入れ・お礼として渡したものを紹介

この記事は約5分で読めます。

この記事は

・テクノストラクチャーの家の上棟の様子を知りたい方
・棟梁さん、工務店の担当者、お手伝いの大工さんに渡したものを知りたい方
・テクノストラクチャーの家の基礎材と柱材について
知りたい方

におすすめです!

↓合わせて読みたい↓

スポンサーリンク

テクノストラクチャーの上棟の様子

ここではテクノストラクチャーの家の上棟前〜上棟中〜上棟後の様子について紹介します。

工務店からは上棟式をするか聞かれていましたが、結構お金もかかるようだったので式は行わないことにしました。地鎮祭はちゃんとやりましたからね。

上棟前の様子

上棟前はこんな感じでした。ベタ基礎があるだけなのでこれから本当に家になるの?みたいな感想しか持てませんでした笑

テクノストラクチャーの建築中写真
上棟前のベタ基礎

上棟途中の様子

当日は雨の予報も少し出ていたのですが、きれいに晴れてくれて良かったです。

娘がなかなか起きてくれなかったり、いろいろバタバタしてしまって早めの到着の予定が結構遅れてしまいました。

到着してみると「え!もうこんなにできてるの!?」という感じでかなり工事が進んでしまっていました。

到着直後

職人さんは10人くらいいて、それぞれの持ち場で一生懸命作業をされていました。

そのあと差し入れを渡したら思っていたより結構喜んでくれました。

休憩中に中に入らせてもらいました。テクノストラクチャーの家を選んだからには絶対に見ておきたかったテクノビームもしっかり見れました。正面にはPanasonicのロゴ付いてました。

テクノストラクチャーに使用されるテクノビーム
テクノビーム

使用された木材の材質について少し触れておきます。

基礎の上には基礎パッキンが入って、その上に防腐剤と防蟻剤を噴射処理したヒノキの部材(OPドライスケヤーヒノキ)が横たわっていました。基礎材のメーカHP。

防腐・防蟻処理をしたヒノキ材
基礎の上のヒノキの部材

柱材はスプルースの集成材でしたが、ちゃんとJASの認可を受けた構造用集成材でした。日本集成材工業協同組合HPのJASマーク解説。

テクノストラクチャーの家に使われたスプルースの集成材

その後もたくさんの材料が運ばれてきました。

テクノストラクチャーの家の上棟完了
工事は順調に進む

営業さんから上棟はあっという間に終わりますよ!と言われてはいましたが、本当にあっという間に終わってしまいました。

夕方になる少し前、上棟が完了しました。

上棟完了

その後棟梁、大工さん、工務店の担当者に買っておいたお礼を渡して行ったのですが、1人分足りなかった🐱💦

最後に渡した大工さんだけ、ちょっと金額が下がった感じになってしまいました。ごめんね。

差し入れとお礼は何を渡したの?

ここでは大工さんたちが休憩する時に渡す差し入れと工事が終わった後に渡すお礼について紹介します。

工務店から「差し入れはどっちでもいいですよ〜」と言われていました。

こうやって言う理由は工事代はすでに支払うお金に含まれているので大工さんたちがそれで手を抜くようなことはないです。という意味です。

しかしながら、一生住むであろう大切なマイホームで何かあったら💦という心配性の性格から差し入れとお礼を用意することにしました。

大工さんも人間なので優しくされたら優しくしてくれると思いますし

差し入れに渡したもの

差し入れは午前の休憩(10時ごろ)と午後の休憩(15時ごろ)の2回渡しました。

近所のドラッグストアーで飲み物を1回あたり人数×2本で20本くらい購入。

好みが分からないのでお茶からコーヒー、コーラなど幅広く購入しました。

失敗したのは前日に買ってしまっていたので、渡す頃にはぬるくなってしまっていたことですね。

冷蔵庫とかクーラーボックスに入れて置くべきでした。

上棟時の差入として購入した飲み物
差し入れとして買った飲み物

あとは甘いお菓子としょっぱい袋菓子を2袋ずつ。

上棟時の差し入れとして購入したお菓子
差し入れとして買ったお菓子

1回あたり2,500円〜3,000円分くらいで午前午後渡したので5,000円〜6,000円かかりました。

大工さんたちは自分でモン○ターエナジーなどの飲み物を箱で用意していたので、ここまで買う必要はなかったかもしれませんね💦

お礼として渡したもの

お礼は工事が全部終わった後に渡しました。

JCBギフト券を用意しました。お手伝いの大工さんたちには3,000円分

棟梁さんと工務店の担当者には5,000円分の商品券を渡しました。

特にのしは付けませんでした。

上棟時のお礼として購入したJCBギフト券
お礼のJCBギフトカード

次にビールです。箱で買ってきたビールを2個ずつラッピングして、ありがとうシールを貼りました。

上棟時のお礼として購入したビール
お礼として渡したビール

この他に1,000円くらいの有名なお煎餅を付けました。

箱で買ったビールが5,000円くらい、商品券が全部で25,000円くらい、お煎餅が10,000円くらいで合計40,000円くらいかかりました。

最後には大きな声で皆さんからお礼を言ってもらえました。

余ったビールは設計さんと営業さんにあげました。うちはお酒飲める人がいないので🐱

上棟は感動する

そうして無事に上棟が終わりました。最初は「本当に家になるの?」みたいな半信半疑な気持ちでしたが、実際に上棟が終わると、やっぱり迫力がありました。

今までたくさん悩んだり打ち合わせを重ねてきた結果が目の前に現れてくれた気がして、少し泣きそうになりながら、帰路に着くのでした。

まとめると

・上棟はあっという間に終わる
・差し入れとお礼だけで40,000円程度かけました
・上棟は感動するから見に行ったほうがいい

今回も最後までお読み頂きありがとうございました🐱✨

コメント

タイトルとURLをコピーしました